メールのDNSレコードを設定時にうまくいかなくて困ったら見てほしい2つの留意事項【さくらインターネット】

さくらインターネットのレンタルサーバーで望まれていたDKIM・DMARCがついに対応!
Gmail等で迷惑メールフォルダに入るようになっちゃったし、そうなる可能性が高くなるから、
さくらインターネットに限らずですが、各社対応に追われていたと思います。
ご対応いただき、本当にありがとうございます。お疲れ様です!

今回は、さくらインターネットからConoHaにWordPressサイトを引っ越しの際に一緒にメールの設定対応をしたときの話です。
サブドメインやメールは別のサーバーにしていたこともあり、ムームードメインのカスタムDNS設定をしていたときに、留意した方がいいポイントがあったので、記事にしました。

「よく分からないなら、DNSレコードで設定するなよ!」というのはごもっともな指摘ではあるのですが、
メールサーバーとウェブサーバーを分けるなどでDNSレコードで対応する場面ってそれなりにありますしね。
DNSレコードでDKIM・DMARCの設定をしようとしてうまく行かなくて困っている人の参考になりましたら幸いです。

夜空きりはムームードメインを使用しています。ムームードメイン以外も同じような感じだとは思いますが、エラーメッセージや仕様が異なっている可能性を考慮の上で読んでいただけたら幸いです。

目次

DNSレコードでSPF・DKIM・DMARCを設定するときに確認してほしい!

SPF/DKIM/DMARCができていて問題ないかのチェックをするときは、Googleもチェックツール(Google管理者ツールボックス「Check MX」)を提供していますが、
それよりも手っ取り早く確実なのは、「Yahoo!メールアドレス宛にメールを送信する」です。
「このメールの認証情報」をタップ(クリック)すると、認証情報を確認することができます。
全部「PASS」ならOKです。分かりやすいね。
それ以前に対応できていなかったら、迷惑メールフォルダに入っちゃうんですけどね……。

設定ができているかチェックするなら、メールセキュリティチェック「dmarcian」も使えるよ。
英語表記なのとSPFのチェック時に「できているけど、dmarcian アカウント がないよ」という形でdmarcian アカウントの登録を促すメッセージが含まれている分、少々分かりにくいかなと思うので、そこだけ注意してね。

DNSレコードでSPF・DKIM・DMARCを設定するときに確認してほしい!

SPF/DKIM/DMARCができていて問題ないかのチェックをするときは、Googleもチェックツール(Google管理者ツールボックス「Check MX」)を提供していますが、
それよりも手っ取り早く確実なのは、「Yahoo!メールアドレス宛にメールを送信する」です。
「このメールの認証情報」をタップ(クリック)すると、認証情報を確認することができます。
全部「PASS」ならOKです。分かりやすいね。
それ以前に対応できていなかったら、迷惑メールフォルダに入っちゃうんですけどね……。

設定ができているかチェックするなら、メールセキュリティチェック「dmarcian」も使えるよ。
英語表記なのとSPFのチェック時に「できているけど、dmarcian アカウント がないよ」という形でdmarcian アカウントの登録を促すメッセージが含まれている分、少々分かりにくいかなと思うので、そこだけ注意してね。

次の項目でうまく設定ができなかった人に確認してほしいことをまとめているので、確認してみてね!

【留意事項1】「使っちゃいけない文字が入ってるよ」とエラーが出て登録ができないときの確認ポイントは?

ドメインでDNS設定をしている場合、DNSコードを使ってSPF・DKIM・DMARC設定をしますが、「使っちゃいけない文字が入ってるよ」というようなエラーが出て登録できないことがあります。

この原因はDKIMレコードにあります。

さくらインターネットで「ドメインレコード確認」を確認してみると、

1行目:"v=DKIM1; k=rsa; p=(何らかの文字列1行目)"
2行目:"(何らかの文字列2行目)"

というようになっていますが、
2行に分けるんじゃなくて、

"v=DKIM1; k=rsa; p=(何らかの文字列1行目)(何らかの文字列2行目)"

このように1行に繋げないとうまく設定できません。
つなげる間のダブルクォーテーションは不要なので気をつけてくださいね!

ついでに言うなら、最初と最後のダブルクォーテーションはなくても動くよ。あっても問題なさそうだけど。
(ドメインサービス側の設定に合わせてくださいね!)

それにしてもさ、そのままコピペで入力しても登録できると思うよね。少なくともぼくはそう思ったよ。
だから、「コピペしたのに、エラーで入力できないんだけど!?」って困っている人がいるかもと思いました。
そもそもコピペで対応できるようにしてほしいところだけど、長いコードだと改行した方が見やすいというか、表示の幅が決まっているというのも分かるので……。

エラーで登録できなかったら、確認してみてね!

【留意事項2】<DMARCも気をつけてね!>DKIMの設定ができているかを確認ツールで見てみると「(DKIMセレクタ)._domainkey.ドメイン.ドメイン」になるときの確認ポイントは?

さくらインターネットで「ドメインレコード確認」を確認してみると、「_dmarc.ドメイン」「(DKIMセレクタ)._domainkey.ドメイン」のドメインの部分が薄い文字色で表示されているのが分かると思います。

さくらインターネットのヘルプページには、

「DMARCレコード設定例」「DKIMレコード設定例」でドメインも含まれている形で記載があります。

ですが、ムームードメインのカスタムDNS設定で必要なのは「_dmarc」と「(DKIMセレクタ)._domainkey」だけでドメインは不要です。

ドメインも含めて設定することで「(DKIMセレクタ)._domainkey.ドメイン.ドメイン」というおかしなデータになってしまったのが原因です。

ConoHaでは「このように設定してね」の画面ではドメインが含まれていなかったので気づきませんでした……。

でもさ、グレーでうっすら見えているのって、地味に分かりにくいよね……?
TXTの上あたりにさ、「_dmarc」「(DKIMセレクタ)._domainkey」と記載した方が、より親切なんじゃないかしら……?

余談「サブドメインの場合」

サブドメインは、「_dmarc.サブドメイン(左側だけ)」「(DKIMセレクタ)._domainkey.サブドメイン(左側だけ)」で設定するよ!

【おまけ】凡ミス「メールソフト側の設定を忘れる」ことのないように気をつけてね……!(メールサーバーを引っ越した人は気をつけてね!)

SPF・DKIM・DMARCのチェックをしても、Yahoo!の迷惑メールフォルダに入ってしまう……。

その場合、メールソフト側の設定を忘れてて、前のメールサーバーを参照しに行ってしまっているかもしれません。
実は、チェックツールでは「メールサーバー」が、SPFレコードのサーバーと違っても検出されませんでした。

ツールでチェックしても「チェックOK」だったよ……。

おかしいなと思ってWebメールで確認してみたら、エラーメールが入っていたので、そのメールのメッセージを翻訳したところ、やっと凡ミスに気づきました。
皆さんは、こういう凡ミスはしないようにしていると思います。ぼくも気をつけてはいるのですが、あのとき、深夜~早朝まで作業していて、そこまで余裕なくて、ついポロッとね。抜け落ちてしまっていました……。(その時の話)

変更するとき、必ず送受信テストや反映されているかのチェックをすると思いますが、そのチェックの中に
「Yahoo!メールアドレス宛にメールを送信する」「Webメールを確認してみる」のチェック方法を追加しても良いかもしれません。
設定を忘れてもおかしいとすぐに気づきやすくなりますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

サイト運営者

クリエイトアコード

ホームページのリニューアル/改善・SEO対策・Web集客のお手伝い屋さん【Web技術サポーター&Webコンテンツサポーター】

ソフトウェア&ゲーム開発会社でプランナーとして従事しながら、ディレクション・マネージメント、資料作成の知識を実践形式で学ぶ。その後はリサイクルショップのWebサイト担当者として従事しつつ、SEOやWordPressの実践形式での研究を深めた。転職をした会社や兼業(副業)としての活動でも今までに学んだ知識と技術を活用しながらも更なる向上に努めていたが、様々な人のお悩み解決をしていきたいという思いが強くなったため、転職から二年後に独立。2022年5月10日に開業して個人事業主になった。
現在は、今までに得た知識や技術(SEO・WordPress・Webマーケティング・Web集客)を活かしながら「人と人を調和し、創造を支援する」「自分で色々動きたいので技術面をサポートしてほしい人や自分も考えたいが技術面については知見がないのでフォローしてもらいたい人を応援する」ことを目的に「訪問者に届けるコンテンツを作る」お手伝いをするための活動をしている。

事業の他、ソフトウェア&ゲーム開発会社時代に無理をした働き方をしたために自律神経のバランスが乱れやすいことや精神的にもダメージを負ったことから「抑うつ状態」と診断されて数年かけて寛解した経験から、同じような人が苦しまずに働くことができるように自身を実験台に「スキルを活用した生活に困らないかつ無理をしない働き方」の確立を目指している。


ご相談・お問い合わせ

ホームページ制作・リニューアル・運用・SEO・Web集客、Webマーケティング・Webサイト制作技術・タスク・スケジュール・プロジェクト管理や業務改善のお悩みなどを遠慮なくご相談ください。

資料ダウンロード

サービスのご利用を社内で検討したい方のために、実績やサービス概要、料金表などのクリエイトアコードの案内資料をPDFでダウンロードすることができます。ご自由にダウンロードください。

目次